[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あけましておめでとうございます

 投稿者:やぶお  投稿日:2016年 1月 3日(日)10時23分17秒
編集済
  みなさん、あけましておめでとうございます。
昨年は7月に足首の骨折で失速をしてしまいました。
おかげさまで、自転車に乗れるまでに回復をしてきました。

9月末には今度は7年間使ってきたパソコンが壊れてしまい、
インターネットにつながらなくなってしまいました。
さらには、愛車まで故障が発覚と、トラブルに見舞われた昨年でありました。
資金的な関係もあって、いまだネットの完全復旧はしていませんが、
この春の運転再開を目ざしたいと思います。
どうぞ今後とも弊掲示板をよろしくお願いします。

写真は元日に撮影した静岡鉄道名物の1000系ラッピング者です。
右が徳川家康ラッピング、左はちびまる子ちゃんラッピングです。
ちびまる子ちゃんのほうは、往年の静鉄300系をほうふつさせるピンクのツートンとなっています。

なお、静鉄にとっては32年ぶりの新車となるA3000系が12月に長沼に入りました。
今回長沼をのぞきましたが、その姿は確認できませんでした。
車庫の奥に入っているのでしょうか。


 

リニア鉄道館見学 【モハ52編】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 9月15日(火)18時17分46秒
編集済
  しつこくリニア鉄道館の話題を続けます。
佐久間レールパークの名物車両であったモハ52であります。
モハ52は関西急行電車でデビウしたという毛並みのよさでありますが、
晩年は飯田線名物電車となって活躍しました。

そのモハ52がさらにお化粧直しをされて、
リニア鉄道館に展示されていました。
ヘッドライトの点灯はもちろん、
車内も再現され、丸い白熱灯がムードを誘います。
右書きの「大阪行き」のサボも入れられていました。

一番下の写真は、昭和30年豊橋で撮影された一枚です。・・・というのはウソです。
でもほんとうに、茶色のEF58との東海道線での出会いはあったと思います。
ロングシートというと、長旅には落ち着かないイメージですが、
モハ52のアンティークな内装は、
ちょっと喫茶店でくつろいでいるような落ち着きを感じます。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リニア鉄道館見学 【165系編】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 9月13日(日)18時56分5秒
  先週は、台風接近、大雨に水害とたいへんなことがありました。
テレビニュースを見て、ショックを受けました。
関東鉄道をはじめ、沿線の早い復旧を望むばかりです。

さて、今夜もリニア鉄道館の話題を続けます。
(東海)のHMをつけた165系電車です。
回送運転台つきのサロ165も展示されていて、
臙脂のリクライニングシートが見物できるのがセールスポイントです。

ところで、165系のHMつき(東海)は見た記憶がありません。
153系のHMつき(東海)なら昭和46年に1~2度見ましたが、
昭和47年3月の改正でHMが外されてしまいました。
HMをつけるとやはり見栄えが違いますね。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リニア鉄道館見学 【オロネ10編】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 9月 7日(月)19時36分50秒
編集済
  今夜は、私の大好きな10系客車の一員であるオロネ10を紹介します。
オロネ10も佐久間レールパーク時代に展示されていましたが、
今回車内も見事に復元されていました。

プルマン式独得の中央廊下の左右に二段の寝台が並ぶ光景。
高い天井や、まばゆい照明、優等客車独得のプッシュ式の扉・・・
ロネの居心地のよさと、轍の音が伝わってくるようで、
思わず「すばらしい」と叫んでしまいました。
ここまで復元されたのなら、ぜひ号車札も再現してほしかったです。

ところで、佐久間時代には撤去されていた寝台設備ですが、
どこから調達したのでしょうか。

ぶどう色2号に青帯を巻いた塗装は、現役時代一度も見たことがありません。
私にはブルーのオロネ10のほうが馴染みがあります。





http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リニア鉄道館見学 【新幹線37形編】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 9月 5日(土)18時59分3秒
  今夜は、リニア鉄道館の呼び物車両である新幹線の写真を紹介します。

0系の中で一番の豪華装備だった37形食堂車です。
1974年に編成に組み込まれた37形は、新幹線初の本格的食堂車として、
魅力的な存在でありました。
在来線の食堂車と違って、
食事の用事のない客のために、側廊下を設けたのはさすがは新幹線だと思いました。

それにしても、保存車ながら、こうして満席表示や、
照明を点灯させるとリアリティがあるなあと思いました。
いっしょに見学したどこかの子どもが「わあ」と声をあげていました。
子どもの目から見ても、食堂車は魅力的なものなのでしょう。
ちなみに私の37形での食事は1985年の夏に利用したのが、最初で最後でありました。

喉が渇いていたため、友人とビールで喉を潤し、
料理もオーダーしたと思いますが、
何を食べたのか遺憾にも忘れてしまいました。
しかし、独得の照明で照らしだされた車内は、くつろぎ感満点でした。



http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リニア鉄道館見学 【クハ111編】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 9月 4日(金)19時58分33秒
編集済
  今夜もリニア鉄道館の写真を紹介します。
私にはたいへんなじみの深い111系電車であります。
佐久間レールパークに保存されていたころから、何度もカメラを向けていましたが、
このたび、名古屋に保存されている姿を見て、
方向幕やサボが全盛時代のものに取り換えられていて、うれしく思いました。

【写真上】
「東京」と簡単明瞭に書かれた方向幕。
当時の昭和40年代のシス車の特徴でした。

【写真中】
「東京 静岡」のサボ。
昭和40年代何本もあった東京直通の普通列車は、
いまや皆無になってしまいました。
もし、いま東京直通普通電車が存在していたら、
静岡発高崎行きとか宇都宮行きが実現していたかもしれません。

【写真下】
昭和46年(桜島・高千穂)車内から見た静岡駅の光景。
となりのホームには東京行きローカルが停車中・・・ウソです。
でもそんなリアリティを感じた眺めでした。

今回も形式風写真がなくてすみません。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リニア鉄道館見学 【381系編】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 9月 2日(水)20時12分34秒
  きょうもリニア鉄道館の話題を紹介します。
照明を落としたエントランスから、メインステージに進むと、
0系、100系の新幹線車両のとなりで目についたのが381系(しなの)でありました。

この381系は、中部天竜にあった佐久間レールパークでは展示がなかった車両で、
久しぶりの対面に感動しました。
貫通型の381系は、高校の修学旅行でお世話になった思い出の車両です。
今回車内も公開されていて、
その低い天井や、床から伸びたエアコンのダクト、
ブラインドを上下させるハンドルなど、381系独得の設備をじっくり見学できました。

保存車両の撮影の私のモットーは「勇退車両をできるだけ現役車両に見せること」ですので、
今回も形式風写真は撮影していないことをお許しください。



http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リニア鉄道館見学

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月31日(月)08時38分48秒
編集済
  過日、家人の運転で名古屋にあるリニア鉄道館を訪ねました。
手術後一ヶ月が過ぎて、少しずつ足首も動くようになり、
そうすると撮り鉄に行きたい気持ちがふつふつとわき上がってきます。

しかし、撮り鉄スポットは足場が悪いところが多く、
また杖をついてカメラを構えるのは危険を伴います。
そこで、リニア鉄道館への見学を考えました。
ここなら、高速道路のインターチェンジから至近で、
家人の運転で出かけられそうです。

夏休みの最中に、初めてリニア鉄道館を訪ねました。
館内では車いすを借りることができ、
座ったままカメラを構えて撮影しました。

私が保存車両を撮影するときのモットーは、
「勇退車両をいかに現役風に撮るか」ということです。
まずは、入場してすぐに展示されていた名古屋機関区所属のC62の17号機を紹介します。






http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

平成26年12月28日 【南部縦貫鉄道 七戸】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月25日(火)20時20分39秒
  きょうは、昨年暮れに訪れた南部縦貫鉄道七戸駅に保存されているキハ102レールバスを紹介します。
東北新幹線を七戸十和田駅で下車をして、
タクシーで訪ねたところが、南部縦貫鉄道七戸駅でした。
ここを訪れたのは1980年以来34年ぶりでありました。

七戸駅併設の車庫に、2両のレールバスが大切に保管されていて、
管理人のおばさんが親切に案内をしてくれました。
訪れたのは暮れも押し詰まった12月28日。
この日の見物客は、私と息子の二人だけ。
ゆっくり撮影をして、車内も見学できました。

35年前に乗車したときは、
とにかく小柄なレールバスに似合わず、走行音がうるさかったことを思い出します。
乗車したのは夕暮れどきで、まばらなお客を乗せて走るレールバスに、人恋しさを感じました。

35年ぶりに対面したレールバスは、あの日のままでした。
ビニールクロスのロングシートの記憶もよみがえってきました。



http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

青い寝台特急の最終列車

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月22日(土)19時25分53秒
  きょう、夕方のニュースで、札幌発上り(北斗星)の最終列車の映像が流れていました。
このところ、お別れ列車の運転は3月と決まっていたので、
真夏の勇退はちょっとピーンときませんでした。
ニュースでは(北斗星)の画像のあと、
昭和33年当時の20系(あさかぜ)の姿も流れて、ぐっとくるものがありました。

私が鉄の道に入ってから、いつも青い寝台特急は運転されていました。
それがあすからは、日本全国どこにも走らなくなることに、寂しさを感じます。
ただ、来年の3月までの寿命でしょうか・・・
急行(はまなす)がかろうじてB寝台をつないで走っていることに、
ほっとする思いがあります。

青い寝台特急最後の夜に、
なまちゃんさんが昭和38年に原田で撮影されたお写真を紹介したいと思います。
私の好きな、寝台特急の後追いのシーン・・・
最後部は切妻のナハフ21が連結されています。
このナハフ21は20系では希少な座席車。
(はやぶさ)用での新製が最後の増備になった車両です。





http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

2月21日 【敦賀】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月21日(金)08時24分58秒
  きょうは、今年の冬に訪ねた敦賀での一枚を紹介します。
機関区の中になかよく並んだのは、EF81の106号機と114号機。
かたや、ローズピンクの106号機。
この106号機は撮影の少し前、新疋田方から単機で現れました。
114号機は、トワイライト塗装に塗られていて、ずっと機関区で待機していました。

撮影の2月21日はまだ(トワイライトエクスプレス)が健在なころでしたが、
いま、状況はどのようになっているのでしょうか。
もしや2色のEF81はもう姿がないのかもしれません。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

5月2日 【小海線 中込】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月18日(火)18時11分9秒
  少しずつ、骨折をした左足に体重をかけられるようになりました。
今週は毎日リハビリに通う予定でいます。

さて、きょうの写真はこのゴールデンウイークに出かけた小海線での一枚です。
キハ111が国鉄急行色に化粧直しをされて、
中込駅で停まっていいました。
古めかしい跨線橋を絡めて撮影すると、
なんだかキハ111がキハ55系のように見えてきました。
JR形車両も国鉄色に塗り替えることで、ハッとするシーンを魅せてくれました。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

6月27日 新金谷で撮影

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月17日(月)08時27分21秒
編集済
  今週も毎日リハビリに通う私です。
ようやく、松葉づえの歩行も慣れてきた私です。
こうなると、早く撮り鉄をしたい気持ちがつのります。
しかし、つえをついていては、カメラを構えられない私。
撮り鉄再開にはもう少し時間がかかりそうです。

きょうから、私が撮り鉄した素人写真を時間をさかのぼって、
紹介したいと思います。

まずは6月27日に撮影した新金谷で撮った一枚。
サイドの電車は今春デビウした元東急車ですが、
私にはこのサイドビュウは静鉄1000系に見えてしまいます。
静鉄長沼工場のような、そうでないような、ちょっと妙なながめでした。



http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

リハビリの最中です

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月13日(木)20時06分29秒
  みなさん、こんにちは。
お盆休みのかたが多いと思いますが、いかがお過ごしですか。
私は、ただいまリハビリの真っ最中です。
毎日、病院に通って、1時間のプログラムを実施。
家庭でも朝・昼・晩と先生から出された筋トレのメニューをこなしています。

とはいうものの、残りの時間はけっこうヒマを持て余していて、
撮り鉄に行きたい気持ちがつのります。
家で、のんびりしていてもお腹だけは空いてきます。
というわけで、今夜も食に関係する一枚を。
昨年暮れに青森に行く道中で見かけた、
駅弁を品定めするカップルの姿・・・
牛タン弁当を食べたくなってきました。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

退院しました

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月11日(火)19時59分57秒
  みなさん、ごめいわくご心配をおかけしています。
無事、先週末に退院しました。
手術の傷口も癒え、レントゲン検査でも無事骨がつながったとのことです。

しかし、まだ歩けません。
また十数日間、ギプスで固められていたため、
足首がうまくうまく動かせません。

これから外来でリハビリを行い、
今後撮り鉄ができるように早い復旧を目指したいと思います。
リハビリ第一でもうしばらく掲示板復旧に時間をほしいと思います。

写真は昨年10月に小倉で撮影した一枚です。
おじさんはおいしそうに、かしわうどんを食べていました。
私も、食欲だけは一人前に出てきました。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

ただいまリハビリ中

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 8月 3日(月)10時54分16秒
編集済
  みなさんには、ご心配をおかけしています。
手術は無事終わりました。
ただ、ギプスがついている状態なので、
今後、当分の間、つえを使って生活することになります。

自宅に戻りましたところで、
またゆっくりと鉄道のお話をさせてくださいね。

 

掲示板運休のお知らせ 足首を骨折してしまいました

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 7月26日(日)12時13分40秒
編集済
  出先の遊歩道の下り階段でうっかりと足を滑らせて、
左の足首を骨折してしまいました。
医者と相談をした結果、きょう午後入院、あす骨のずれを直す手術をすることになりました。

入院期間は十日前後ということで、
残念ながら、しばらくの間、みなさんと鉄道話ができなくなってしまいました。
そこで、急な話ながらしばらく弊掲示板を運休とさせてもらいます。
退院後、けがの回復具合をみながら、運行を再開したいと思いますので、
よろしくお願いします。
運行再開については弊掲示板でお知らせします。

お写真は、奥野利夫氏が撮影された京都駅、待合室の風景です。
ホームに停まっている旧客に興味をそそられます。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

Re: 暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:模型ファンメール  投稿日:2015年 7月26日(日)11時48分38秒
  > No.29281[元記事へ]

やぶおさんへのお返事です。

やぶおさん みなさん 暑中お見舞い申し上げます

 静岡空港に近い当地も暑い日が続いていますが、田舎ですから家の周りは水田や畑地が広がり、風が吹けば涼しさを感じることが出来ます。そして今年はまだ扇風機を使わず団扇で暑さをしのいでいます。

 貼らせて頂くのは5月に上京した際に乗車した踊り子号から見た伊豆急行の写真です。来宮駅付近で伊東線を走る伊豆急行の車輌が見えたので185系車内から撮影です。チラッと写っている海の色と伊豆急のカラーリングで暑中お見舞いとさせて下さい。

 急がない時は新幹線を使わず在来線で上京しています。185系も貴重な国鉄時代の窓が開く車輌になってしまいましたね。
 
    (お返事) やぶお

模型ファンさん、東京レポートをありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

私は、もうしばらくリハビリ生活が続くと思われます。
病院は、エアコンが利いているので熱中症にかかることはありませんが、
やはり自然の涼風は最高ですね。
団扇だけで涼を感じるとは、なんと健康的でしょうか。

魅せていただいたお写真、ハワイアンブルーの伊豆急行とは、
なんと気が利いているのでしょうか。
また踊り子で上京とは、おもしろいですね。
お写真のアングルだと、ご乗車列車は、
修善寺仕立ての編成でしょうか。



 

暑中(猛暑)お見舞い申上げます。

 投稿者:BEN-KEI-SHIメール  投稿日:2015年 7月26日(日)09時41分26秒
  やぶおさん 皆さん ご無沙汰を致しております。
特にこれと言う物が無くロムオンリーでした。

以前お話が有った掛川市主催の「だいとうロマンウォーク」の案内が来ましたので暑中見舞いとはなりませんが・・・

本年は参加しない予定でいましたが様々な都合で参加する事としました。
同じコースでは有りますが時が変われば何か新しい発見が有るんではないでしょうか。

http://micmacbig.exblog.jp/

 
    (お返事) やぶお

蒸し暑い日が続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
暑中お見舞いをありがとうございます。
私はただいま、リハビリに励んでいる最中です。
早く運用復帰できるように、練習を積みたいと思います。

ウオーキングの参加は微妙ですが、
警部殿とお会いできるのを楽しみに、リハビリをがんばりたいと思います。

 

Re: 急行【北アルプス】

 投稿者:あるぷすのまきばメール  投稿日:2015年 7月26日(日)00時25分9秒
  やぶおさんへのお返事です。

> きょうも、なまちゃんさんが撮影された地鉄のお写真を一枚紹介します。
> 涼を呼ぶ一枚ということで、
> 千垣~有峰口間にかかる常願寺川橋梁でのお写真です。
>
> やってきた列車ははるばる名古屋からの名鉄(北アルプス)号。

やぶおさん みなさん

こんばんは。東京も猛暑が続いております。
今年の暑さでは、撮りに行こうという気力も沸いてこずに...、青春18きっぷを買うだけかったのに、まだ、1回も使っていません。

さて、なまちゃんさんがお撮りになった大変貴重なお写真、それも、富山地鉄のお写真をご紹介いただきありがとうございます。
自分が生まれたのが昭和53年ですから、その少し前の時代の富山地鉄、初めてみるシーンですが、何となく懐かしさを感じるような不思議な気持ちで拝見しております。
この気動車急行「北アルプス」が常願寺川鉄橋をゆく姿、自分も見てみたかったです。

そして、この気動車は、確か地鉄線内特急の運用も受け持っており、立山のほか宇奈月への乗り入れもしていた時期があったかと思います。
この「北アルプス」に付いていたミュージックホンに触発されて、地鉄も自社発注車の14760形などにミュージックホンを搭載した(現在は撤去済み)などという説もあるみたいです。
車内放送マイクにオルゴールを取り付けていたのも、そのあたりの影響もあるのかも知れないですね。
(尤も、あくまでミュージックホンの話は俗説で、真偽の程は定かでありませんが。)
「北アルプス」号は、運転距離は200 km超、名鉄-国鉄-地鉄と3社乗り入れというのも凄いですが、地鉄電車にもいろいろと影響を与えた列車だったと言うことでしょうか。

いまでは2両ワンマン運転が基本になっている地鉄電車、2000年頃までは増結運用など3、4両のことも珍しくなかったようですが、観光列車の女性アテンダントさんなどを除いて、車掌として乗務できる職員が少なくなっており、3両以上の編成というのは今後なお一層珍しい存在になっていくかと思われます。
そんな中、撮影イベントのチャーター列車として常願寺川鉄橋をゆく10020形+増結クハの3両編成の姿を、「定点比較」として貼っておきたいと思います。

それから、寺田駅でのお写真ですが、やぶおさんが19日にご紹介のお写真、ちょっと立ち位置は変わりますが、その近くで撮った写真をパソコン内を捜索して見つけましたので、ご覧下さい。
ちょうどお写真の右端の付近から撮ったものかと思います。
電車の背後に見える高圧鉄塔や、本線と立山線が分岐するポイント付近の線路配置など、ちょっと似ているかと思います。

さらに、もう1枚。
地鉄は、これら鉄道線の他、市内軌道線もあります。市内軌道線の車両基地は南富山駅に隣接していますが、市内線電車も大がかりな検修は稲荷町の工場で実施します。
このときの回送は、白昼堂々、上滝不二越線を、鉄道線のディーゼル機関車牽引で実施されます。
とはいえ、毎日あるものではなく、自分もこれまで1~2回しか見かけたことがありません。
こちらは検査ではなくイベント展示後の返却回送ですが、鉄道線をディーゼル機関車牽引で疾走する市内軌道線の低床連接車「サントラム」の姿を貼っておきたいと思います。

http://gohachinihachi0309.blog.so-net.ne.jp/

 
    (お返事) やぶお

ごめいわくをおかけしています。
ていねいなお返事をありがとうございます。
いま考えてみると北アルプスは名列車だったのです。
地鉄線内だけの運用があったとは、夢のようです。

魅せていただいたお写真またまたすてきですね。
常願寺はいまもむかしも撮影名所なのですね。
寺田でのお写真はまさになまちゃんさんの雰囲気を伝えているなあと思いました。
サントラムの回送写真はDB の小柄さに心を打たれました。
 

盛岡駅にて

 投稿者:たかさん  投稿日:2015年 7月25日(土)22時25分21秒
  やぶおさん みなさん こんばんは

きょうも盛岡駅での写真です。

1枚目
左:田沢湖線 右:東北本線  線路の幅が違いますね

2枚目
5000番台は標準軌仕様です

3枚目
田沢湖線ホームの表示  新幹線が在来線ホームに入るってあるんでしょうかね?
 
    (お返事) やぶお

突然の運休、もうしわけありません。
魅せていただいたお写真標準軌と狭軌の同系列の並びがおもしろいです。
また在来線ホームに新幹線が停まったら、これも見ものですね。
ダイヤの乱れのときに入線するのでしょうか。

けがが回復したら、またたっぷりお話をさせてくださいね。
 

急行【北アルプス】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 7月25日(土)20時47分58秒
  きょうも、なまちゃんさんが撮影された地鉄のお写真を一枚紹介します。
涼を呼ぶ一枚ということで、
千垣~有峰口間にかかる常願寺川橋梁でのお写真です。

やってきた列車ははるばる名古屋からの名鉄(北アルプス)号。
当時は地鉄線内にこうして名鉄や国鉄からの直通列車が多数運転されたと聞きます。
シーズンにはバラエティあふれる列車が見られたよき時代だったと思います。

その(北アルプス)号ですが、3連の編成で立山をめざすようです。
最後部の3号車は窓割の違いからグリーン車のようであります。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

安倍川から

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 7月25日(土)20時30分2秒
  ゴンパパさんから、加古川のすてきなお写真をいただきましたので、
私からは、当地安倍川で撮影した一枚を紹介します。
撮影は2010年の正月。
まだ500系のぞみが動いていたときで、それをめあてに安倍川の土手に立ったのでした。

なお、土曜の今宵、安倍川では花火大会が行われています。
毎年見物に行っている私ですが、今年は事情によって出かけられませんでした。
花火大会が始まると静岡の地にも夏休みがやってきます!!

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:ゴンパパ  投稿日:2015年 7月25日(土)12時27分38秒
  やぶおさん、皆さん、こんにちは。

お暑うございます。先々週は緩行台風の影響で、兵庫県の至る所で大雨の被害が出ました。
中でも一番驚いたのは、JRの神戸界隈が丸一日以上止まって大変でした。
雨も必要ですが、何でも程々がいいですね。
 
    (お返事) やぶお

ゴンパパさん、暑中お見舞いをありがとうございます。
前回の台風ですが、たいへんでしたね。
神戸市内は大水が出たとのこと・・・
ゴンパパさんのお宅は大丈夫だったでしょうか。
まだ後続便もあるようですから、
十分お気をつけください。

魅せていただいたお写真ですが、
地元ネタのすばらしい一枚だと思います。
それにしても加古川橋梁ですが、
見事なトラス橋ですね。
まるで新幹線の鉄橋のように見えました。
やってきた列車は福山通運の緑の貨物列車ですね!!
どんぴしゃりのシャッターチャンスといい、
編成美といい、たいへん美しいです。

 

近江鉄道

 投稿者:くろしお  投稿日:2015年 7月25日(土)06時24分49秒
  > No.29256[元記事へ]

みなさん、おはようございます。

先日、久しぶりの関西行きに合わせて彦根駅で近江鉄道を撮って来ました。1枚目はホーム、2枚目は跨線橋から撮ったものです。ED14は1986年の7月以来で、とても懐かしかったです。3枚目は(既出ですが)その1986年に撮ったED14@鳥居本-彦根間です。

18日(土)に「特別なトワイライトエクスプレス」を撮ってから帰る予定でしたが、台風の影響で当日JRがストップし、残念ながら撮ることが出来ませんでした。


やぶおさん

2週間前のEF70の写真にコメントを頂戴しながら、遅レスで失礼しました。長崎駅のEF70が牽いているのは、仰るように「さくら」、「みずほ」辺りかと思います。ただ、どういう訳かテールの写真を撮っておらず、結論に至らずです。もう少し後の時期ならHMも付いていたと思われ、コメントされているように想像が膨らみます。
 
    (お返事) やぶお

くろしおさん、台風一過たいへんでしたね。
静岡のテレビでも関西のJR線の電車が立ち往生しているニュースを伝えていました。
くろしおさんはちょうど里帰りされていたのですね。
「特別なトワイライトエクスプレス」が走らなかったのは残念でしたが、
無事帰省そしてお宅へお帰りになられてよかったですね。

さて、彦根での乗り換え時間を利用されて、
近江鉄道を撮影されたのですね。
私も8年前に出かけました。
機関車ミュージアムも見たかったのですが、
ちょうど休館日でスケジュールが合いませんでした。
私も跨線橋から水色の機関車を見たことを思い出しました。

くろしおさんのお写真を拝見して、
まだそれらの古典機が健在なのがうれしく思いました。
ただ凸型機の一部はナンバーが外されているのがあるのですね。

ED14の現役時代のお写真もすてきです!!
ぶどう色よりも軽快で、いかにも私鉄風の出で立ちになりますね。
私も貨物輸送が元気なころに撮影をしたかったです。

 

東急1000系1500番台

 投稿者:ふかっちょメール  投稿日:2015年 7月24日(金)19時16分18秒
  クハ415-1901さん、優良サイトを紹介していただいてありがとうございます。
http://loo-ool.com/rail/e233.cgi?guid=ON&a=MF
お陰で19日にも元加治に出かけて、9103を手配することができました。

伊トウさん紹介の東急1000系ですが、現在も池上線や多摩川線では主力として活躍しています。
写真は緑と黄緑の南海電車風の帯を巻いた1000系1500番台です。
但し見落としがちですが、真ん中に金帯を入れて入プチゴージャス感(笑)を取り入れています。
 
    (お返事) やぶお

ふかっちょさん、伊トウさんに続いての東急1000系の話題をいただきましてありがとうございます。

伊トウさんから魅せていただいた元東急車のまるまどりーむはなかなか決まっていますが、
本家本元の東急では、まだ現役バリバリで1000系電車が活躍をしているのですね。
その活躍舞台は池上線や多摩川線だとのこと。
東急の中でも昭和テイストが残っている2線区はなかなか惹かれるものがあります。

魅せていただいたお写真ですが、
東急車というとステンレス車体に赤帯というのが定番だと思いますが、
こちらはお話のように南海電車のような帯色が特徴でありますね。
真ん中に入れた金帯はたしかにプチゴージャス感がありますね。

 

Re: 暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:あるぷすのまきばメール  投稿日:2015年 7月23日(木)22時56分43秒
  やぶおさんへのお返事です。

> さて、きょうもなまちゃんさんのお写真の中に、富山地鉄のすばらしい作品を見つけましたので、一枚紹介します。
> なんといっても、このお写真はバックから迫ってくる立山の姿でありますね。
> 撮影は5月ということですが、この時期でも立山はこのような雪が残っているのですね。
> お写真を拝見しているだけでも、冷涼感が伝わってきます。
>
> やってくる3連の電車の、前側2両はいまでも現役でしょうか。
> この顔は地鉄素人の私でも、ピーンときます。
> しかし後ろ1両は塗色も違う旧型車のようです。

やぶおさん みなさん

こんばんは。
地鉄ネタとあっては、再び出てこないではいられません。
なまちゃんさんのお写真ですが、これは寺田駅の本線下りホーム、上市方先端付近から撮ったもので間違いないと思います。

この地点で撮ったことは何度かあり、写真を探してみましたが、あいにく自分は電車をアップで撮っており、この雄大なカーブ、そして立山連峰を入れて撮影しようという気持ちの余裕がないときが多く、これはという写真は見つかりませんでした。
この地点は、駅撮りながら立山連峰をバックに撮れる撮影地としても有名で、時折、撮っている方をみかけます。

住宅が若干増えましたが、この雰囲気はいまも変わっていません。
ここも“定点比較”ができるかと思います。次回、訪問時にチャレンジしてみたいと思います。

自分がこの地点だと思った理由は、「全体の雰囲気」がまず第一ですが、ほかにも電車のすぐ左に真っ白なガードレールが見えています。
白岩川の支流にかかる橋なのですが、この風景、ちょうど電鉄富山ゆきに乗っていて寺田駅が近づくときに見える景色として印象に残っています。
この感じもいまも全く変わっていないかと思います。

電車は10020系か14720系でしょうか。
昭和40年台中ばには方針変更で両形式とも2両編成化(中間サハを増結クハに改造)を済ませており、昭和50年台はじめだと、3灯ヘッドライト(現在は中央のライトを撤去して2灯化)だったかと思います。
増結車は吊り掛け車でしょうか。当時は、オレンジ濃淡(いまの小湊鐵道とちょっと似ている?)が標準色で、旧型車も「雷鳥色」への変更がはじまる頃かと思います。

自信満々な口調で語ってしまいましたが、もし、間違えていたら...、ごめんなさい。
「定点比較」の写真を撮ったら、必ずやぶおさんにもご覧いただきたいと思います。

という訳で、あまり役に立たないかも知れませんが「寺田駅の上市側」が少しだけわかる写真を3枚。

(写真上)寺田駅に停車中の14722編成、発車直後に、なまちゃんさんのお写真の地点を通過します。
(写真中)なまちゃんさんのお写真の撮影場所は奥にチラッと見えているホームかと思います。
(写真下)上屋から吊り下げられた「寺田駅」の電照看板のすぐ下あたりに見えている所がなまちゃんさんのお写真で電車が通っている付近かと思います。

ちなみに、先日、見せていただいたなまちゃんさんのお写真の撮影ポジションですが、この中・下の写真を撮った地点から、あと数メートル右の方に進んだ立山線からの電鉄富山ゆきホーム付近での撮影かと思います。

http://gohachinihachi0309.blog.so-net.ne.jp/

 
    (お返事) やぶお

あるぷすのまきばさん、きょうもなまちゃんさんのお写真の鑑定作業にご協力いただきありがとうございます。
リアルタイムでなまちゃんさんとお話ができれば最高でしたが、
天国から、さぞお喜びのことかと思います。

弊掲示板にいらしていただく方で、
あるぷすのまきばさんが一番の地鉄通でありますので、おおいに語ってくださってけっこうです。
たくさんお教えいただいたことを心より感謝いたします。

さて、なまちゃんさんのお写真が、寺田駅ホームから撮影をされたという事実をお聞きし、
たいへん意外に感じました。
あれだけの迫力で立山が迫り、
あたりの広大な田園風景といい、
てっきり駅間撮影とばかりに思っていました。
寺田駅はすばらしい撮影ポイントなのですね。
駅撮りという意識でお写真を見直すと、
確かに線路がポイントで分岐しているように見えますし、
信号機が写り込んでいることも駅の存在を連想させますね。

また地鉄電車の小史もひも解いていただき勉強になりました。
確かにお写真ではヘッドライトが三灯になっていますね。
さらには立山寄りの電車はオレンジ濃淡の塗装でありますか。
私は昭和50年に富山に旅行をし、
地鉄電車も見かけていますが、オレンジ濃淡電車の記憶がありません。
かなり派手な出で立ちだったのですね。
なまちゃんさんのお写真では、あるぷすのまきばさんのお話の通り、
塗装変更の過渡期だったのだなあと思いました。

魅せていただいた3枚のお写真から、寺田駅の雰囲気を感じとることができました。
主要駅ながら、田園が広がる風景がすがすがしく、
なるほどなまちゃんさんが撮影された雰囲気が残っていると思いました。
またホームや駅舎の昭和テイストもずばらしいですね。
二枚目のお写真に写っている広大なヤードは、
むかしの貨物駅の名残でありましょうか。

 

新まるまどりーむ

 投稿者:伊トウ  投稿日:2015年 7月23日(木)20時32分56秒
  女房と弾丸入浴の第二弾に行ってきました。夜勤空け仮眠の後出発。信濃境の蔦の湯のあと別所のあいそめの湯に入りました。
ちょうど新まるまどりーむ1000系が別所温泉に着くところでして、撮ってきました。
言わずと知れた東急1000系電車ですが上田電鉄色に塗り替えると印象が変わります。
 
    (お返事) やぶお

伊トウさん十八番の弾丸入浴を堪能されたようですね。
伊トウさんのドライブテクニックを駆使されて、
蔦の湯と別所の湯でのんびりとされ、
しかも上田電鉄の新まるまどりーむを撮影できたとは最高のドライブでしたね。

私もかつて旧まるまどりーむを撮影したことがありますが、
新まるまどりーむも元東急車がタネ車なのですね。
お話のように、ステンレスの東急車も、
昭和テイストいっぱいのツートンカラーに塗り替えると、
雰囲気が変わるなあと思いました。
初代丸窓電車とのコラボもすばらしいです!!

さらには、別所温泉駅のクラシック感もたまりませんね。
青い駅名標、木造のホーム上屋、
そしてお約束の丸窓を再現したガラス・・・
風呂上がりの撮影には最高のおぜん立てだと思いました。

 

暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 7月23日(木)08時09分48秒
  みなさん、暑中お見舞い申し上げます。
連日真夏日が続いていますが、お変わりありませんか。
台風と酷暑が交互に来るいやな日和ですが、元気でこの夏を乗り切りたいものですね。

さて、きょうもなまちゃんさんのお写真の中に、富山地鉄のすばらしい作品を見つけましたので、一枚紹介します。
なんといっても、このお写真はバックから迫ってくる立山の姿でありますね。
撮影は5月ということですが、この時期でも立山はこのような雪が残っているのですね。
お写真を拝見しているだけでも、冷涼感が伝わってきます。

やってくる3連の電車の、前側2両はいまでも現役でしょうか。
この顔は地鉄素人の私でも、ピーンときます。
しかし後ろ1両は塗色も違う旧型車のようです。
当時はこんな異形式の混結列車が見られたのですね。

撮影場所のデータはありません。
どなたかヒントをいただければありがたいです。
いつかなまちゃんさんが40年前に訪れた場所で撮影をしてみたいものです。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:哲ちゃんメール  投稿日:2015年 7月22日(水)09時59分43秒
  御無沙汰しております。


猛暑が続いております。
皆さまご自愛くださいませ。





(スマホ投稿テスト兼ねてます)

http://blogs.yahoo.co.jp/tett169

 
    (お返事) やぶお

哲ちゃんさん、暑中お見舞いをいただきましてありがとうございます。
連日報道されるニュースでは北関東も猛暑が続いているようですが、
哲ちゃんさんもお身体には十分お気をつけくださいね。

さて、魅せていただいた三枚のお写真ですが、
冷涼感と爽やかさが漂っていてすばらしいですね!!
スマホで投稿されたとのことですが、
高画質のお写真が三枚も一度に投稿できるとは、
その処理能力に驚きです。

一枚目のお写真・・・
うっすらとした雪景色の中を行くEF63の力強い姿・・・
これだけの長大編成の在来線特急電車もいまは見られなくなっただけに、
注目度抜群ですね!!

二枚目のお写真は夢を誘います。
高崎駅での撮影でしょうか。
古きよき時代の三段寝台の姿。
中央にぶら下げられた「金沢」のサボに旅情を感じます。
北陸新幹線の開通に沸く金沢まで、かつて夜行列車が走っていた時代があったことなど、
どんどんむかし話になっていくのですね。
上越線経由の寝台急行というと(能登)になるでしょうか。

三枚目のお写真は冷涼感いっぱいですね。
小海線を走ったキハ52のときめきの恋列車でありますね。
183系の(あずさ)が写っているということは小淵沢での撮影ですね。
停車中とはいえ、おじさんは線路に降りて撮影とは、
まだまだのんびりとした時代だったのですね。

 

宇都宮線

 投稿者:安部丹比  投稿日:2015年 7月21日(火)22時32分14秒
  皆様御無沙汰しています。

7月19日宇都宮線 宇都宮~大宮間にDD51が牽引する宇都宮線130周年記念号が運転されました。
多くのギャラリーで中には道路上に車を止め屋根の上で撮っている人もいました。
また余りの騒ぎに家族連れが何事かと眺めていました。

それにしても今でも本線上のDLを運転出来る人が在籍しているのですね。
気動車は機関車にけん引されますが。

東北線 古河~野木間72号踏切付近

http://www6.plala.or.jp/abetanpidf50568/

 
    (お返事) やぶお

安部丹比さんも「宇都宮線130周年記念号」をお撮りになったのですね。
あるぷすのまきばさんからもお話をうかがっていますが、
沿線はそうとうの人出だったのですね。
上越線や高崎線ではこの手の列車はけっこう設定されていますが、
東北本線を走るのはめずらしいのではありませんか。

鉄の方々がたくさんくりだされる気持ちも理解できます。
混雑や混乱が予想されることを承知で、
JR東日本当局もこういう列車を走らせてくれるのはありがたいですね。
当地静岡ではこの手のイベント列車はなかなか走りません。
まあ、それもそのはず、国鉄型車両がないのですから仕方がありませんね。

安部丹比さんならではの視点からの、
乗務員のやりくりはどうしたのだろうという話題はとても興味深いです。
信越線や上越線ならDDの運転に精通した機関士がいるのでしょうが、
宇都宮までDDが運転できる方が存在するとは・・・
北関東一円をDDが運転できる方を絶えず養成するのもたいへんだなあと思いました。

安部さんのお写真ですが、いつもの定番ポイントでの撮影でありますね。
DD51と茶色の旧客というと、
安倍さんのふるさとである鳥取地区での列車をイメージさせるものがあるのでしょうか。

 

快速はまゆり

 投稿者:たかさん  投稿日:2015年 7月21日(火)19時18分43秒
  やぶおさん みなさん こんばんは

きょうは盛岡駅で写した快速「はまゆり」です。快速列車なのに指定席がありました。先頭車はキハ110のトップナンバーでした。
 
    (お返事) やぶお

たかさん、快速(はまゆり)・・・知りませんでした!!
いまちょっとしたキハ111系ブームなだけに、
快速(はまゆり)はその中でも、花形運用といえますね。
それにしても、快速列車ながら指定席車が連結されているとは驚きです。
東北新幹線からの釜石への乗り継ぎ客の利便を図るため、
指定席車が用意されているのですね。

(はまなす)に(はまゆり)を撮影されるとは、
北国に咲く、可憐な花の列車を両方撮影できたわけですね。
すばらしいなあと思いました。
(はまなす)のように、これでHMをつけていれば、
五重丸にさらに花マルを追加してあげたいところですが。
さて、目撃された(はまゆり)の車番がトップナンバーというのも「やった」という思いですね!!

さて、快速(はまゆり)の愛称名にはさっぱり記憶がありませんでしたが、
調べてみると元々は急行(陸中)の格下げ列車だったのですね。
道理で、指定席車が連結されている毛並のよさがわかりました。
(陸中)用のキハ110というと、転換クロスシートを備え、
そのむかしは特急(秋田リレー)にも使用された豪華バージョンでしょうか。
すてきな話題をありがとうございます。

 

暑中お見舞い

 投稿者:健ちゃん  投稿日:2015年 7月21日(火)12時42分34秒
  やぶおさん皆さんこんにちは。

暑中お見舞い申し上げます。

体調管理には十分お気をつけ下さい。

http://sky.geocities.jp/kentyansan55/index.html

 
    (お返事) やぶお

健ちゃんさん、毎度ごていねいな暑中お見舞いをいただきましてありがとうございます。

6月は雨が多かったものの比較的過ごしやすく、
7月も一週間ほどは快適な毎日でしたが、
さすがにここへきて暑いですね。
これから9月半ばまで真夏の暑さが続くと思うと、
さすがにこの歳ではこたえますが、
そんなとき、健ちゃんさんからすてきなおたよりをいただきうれしいかぎりです。

すでに運転日は十数日となった(北斗星)・・・
まわりの雪景色とともにに、
クールな姿に感動です!!
夜空に星のイラストをあしらったHMはロマンいっぱいです。
健ちゃんさんもどうぞお体に気をつけて、この夏を乗り切ってくださいね。

 

381系引退間近

 投稿者:県民福井  投稿日:2015年 7月20日(月)19時00分9秒
  非常に暑い一日でしたが、所要のついでに福知山線に立ち寄りまして、今秋引退が決まっている381系を撮ってきました。

他の381系は繁忙期対応の6両編成に増結されていましたが、こちらはやりくりの都合か4連運用でした。

やはり原色は丹波の山々にもよく溶け込んでます。
 
    (お返事) やぶお

県民福井さん、381系の話題をありがとうございます。

北近畿の381系ですが、今秋勇退でありますか。
いままで北陸線で使っていた特急電車を転用する計画だとは聞いていましたが、
いよいよ今秋より置き換えなのですね。

卵形の愛嬌ある顔つきは大好きでした。
特に北近畿での(こうのとり)や(きのさき)系統の381系は国鉄色で活躍をしたことが、
ほんとうにうれしかったです。
魅せていただいたお写真は丹波盆地を行く姿でありましょうか。
お話のように国鉄特急色は沿線の緑によく似合いますね。
4連の姿には少々さびしさもありますが、
1973年のデビウから32年・・・これまでよく働いてくれたことが奇跡です。
私も最後まで、381系の勇退を見送るつもりです。

 

再び、今日の撮影結果

 投稿者:あるぷすのまきばメール  投稿日:2015年 7月19日(日)20時08分42秒
  やぶおさん みなさん

こんばんは。今回のなまちゃんさんがお撮りになった寺田駅の1枚、たぶん、立山線の富山ゆきホームの中央部分付近でお撮りになったのかと思います。
「立山ゆきホーム」の後ろには貨物ホームの線路が見えています。これは既に撤去されて久しく、そこだけは少しだけ雰囲気が変わっていますが、送電線の鉄塔も含めて、いまも、この地点の様子はほとんど変わっていないかと思います。
ですので、これも、定点比較の1枚を撮ってくることは容易かと思います。
電車はクハ180+モハ14780形でしょうか、宇奈月方面の電車ですね。
地鉄の1灯ヘッドライトの車両も、自分はこの目で見たことはなく、貴重なお写真を拝見できて嬉しい限りです。

さて、今日の関東地方は猛暑でしたが、2日連続で旧型客車の「宇都宮線130周年記念号」を撮りに言って参りました。
今日は白岡駅近くの陸橋から。あまり、すっきりと編成を見渡せる場所でないにもかかわらず、二重三重の人だかりになって、最後は車道にまではみ出すくらいのもの凄い人出になりました。
きっと、昨日の東大宮-蓮田あたりは大変なことになっていたと思います。

それから、青列車さんが撮られた常願寺川東岸をゆく14710形ですが、ほぼ同じ地点で撮った写真が見つかりましたので、貼っておきたいと思います。
いまもこの付近は全然変わっておりません。

(写真上)9時前に通過した「カシオペア」、この時点で13時の「130周年記念号」を待つ人の三脚の列が。
(写真中)13時17分頃、ほぼ定刻で通過したDD51が牽く旧型客車の「130周年記念号」
(写真下)2014年3月9日の常願寺川鉄橋東側(越中荏原-越中三郷)

http://gohachinihachi0309.blog.so-net.ne.jp/

 
    (お返事) やぶお

あるぷすのまきばさん、まずは、なまちゃんさんのお写真の鑑定をいただきましてありがとうございます。

速攻の事件解決・・・さすがでありますね!!
お話から、過去には富山地鉄でも貨物列車が設定されていたことも勉強になりました。
全体の雰囲気は今も変わらないとのこと・・・
私も今昔撮影をしたくなりました。

青列車さんと同じ場所でお撮りになった地鉄のお写真・・・
青列車さんの撮影から遅くとも、21年が経過しているにもかかわらず、
確かに架線柱も含めて、あたりの景観は変わりませんね。
こういうところが、地方私鉄の魅力でしょうか。
ただ、登場の電車が東急車に変わったことが、
青列車さん撮影当時は予測できなかったことではないでしょうか。

お話は変わって、
二日連続の「宇都宮線130周年記念号」の撮影・・・おつかれさまでした。
前日とはうって変わってのDD51牽引の旧客の姿は、
国鉄時代の亜幹線の普通列車の姿でしょうか。
磐越西線にこのような旧客が最後まで残っていたように思いました。

9時前通過の(カシオペア)のお写真も美しいですね。
それにしても本番が13時過ぎで、
9時前から三脚の列とはすごいです。
鉄ちゃんの多くは早起きが得意ですから、
13時過ぎに通過でも心がはやるのですね。
ただ、三脚という場所取りアイテムを立てておけば、
途中休憩もできるのが助かりますね。

 

広島電鉄の3005形

 投稿者:大塚ヒロシ  投稿日:2015年 7月19日(日)19時54分40秒
  青列車さんお久しゅうございます。広島電鉄電車のミヤンマーへの譲渡は私も初めて知りました。私も偶然ですが3005形を撮っていましので末永くミヤンマーでも動いてほしいです。被爆柳の下を行く3005形です。比治山下にて。  
    (お返事) やぶお

大塚ヒロシさん、青列車さんに続いて広島電鉄3005形の話題をつないでいただきありがとうございます。

ミャンマーに譲渡されると青列車さんから情報をいただいた広島電鉄の3005形ですが、
大塚ヒロシさんもお撮りになっていたのですね。
こちらは以前、青列車さんから元西鉄の連接車であるとお教えいただいたことがありました。

中間車1両をはさんだ3連の連接車は、
広島のような路面電車の利用客が多いところでは重宝がられますね。
快走シーンをきれいに撮影されていると思います。
また画面左には被爆柳を入れたところは、
鉄道情景写真としての絵ごころ満点だなあと思いました。
いかにも広島らしいお写真に心を打たれました。
まもなく原爆記念日がやってきますね。

 

寺田でのもう一枚【昭和50年】

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 7月19日(日)19時39分38秒
編集済
  あるぷすのまきばさん、青列車さんから富山地方鉄道のお話やお写真をいただきました。
私からお預かりしているなまちゃんさんのアルバムから、
やはり寺田で撮影されたとお話されている一枚を紹介します。
昭和50年の撮影とのことです。

やってきた電車は雷鳥色の2両編成。
いかにも地方私鉄らしい好ましいスタイルです。
広窓の姿にスマートさが漂います。

数本の線路が分岐する配線や、
ホームの下部に「立山方面」と書かれていることから、
寺田だと思われますが、いかがでしょうか。
両サイドに立てられた広告看板がいかにも私鉄らしくて、
すばらしい一枚だと思います。


http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

今日の撮影結果

 投稿者:あるぷすのまきばメール  投稿日:2015年 7月18日(土)20時40分13秒
  やぶおさん みなさん

こんばんは。
前投稿の地鉄の件、次に富山を訪れた時に「定点比較」を試みたいと思います。
さて、今日は朝4時出発で、首都圏の列車を撮影してきました。
普段、こういう長い列車を、架線のある、複線区間で撮ることなど皆無の自分だけに苦労しました(笑)。

まずは、朝5時から中央線の東小金井駅ホーム端で。
豊田区の189系は3編成が、白に青の「新あずさ色」、白に緑と赤の「グレードアップあずさ色」ともう1本が「国鉄特急色」、さらにその編成には最近、正面の特急シンボルマークが取り付けられたとあって、その編成が来ることを願いつつ待っていると、「あずさ71号」が懐かしの「グレードアップあずさ色」、快速「富士山1号」が国鉄特急色編成でした。

それにしても、超のつく有名撮影地「東大宮-蓮田」にこんな列車が走る日に、自分のように不慣れな人間がいくのも...
2時間近く前に行ったのですが、パッと見ただけで線路の両側には数百人はいるだろうと思われる大混雑でした。
その中で声をかけて三脚を入れさせてもらって...、何とか撮れました。
「お召し塗装」に塗り替えられたEF81 81が茶色い旧型客車5両を牽引した「宇都宮線開業130周年記念号」は定刻で駆け抜けていきました。
明日はDD51牽引で復路があるみたいなので、出撃しようかどうか検討中です。

(写真上)90年台はじめに見られた「グレードアップあずさ」色の「あずさ71号」
(写真中)やっぱりシンボルマークが付くと、顔が引き締まります。
(写真下)EF81牽引の「宇都宮線開業130周年記念号」、やはり、旧客は良いですね。

http://gohachinihachi0309.blog.so-net.ne.jp/

 
    (お返事) やぶお

あるぷすのまきばさん、これはこれは豪華アルバムを魅せていただき感激です!!
しかも速報で貼っていただきたいへんうれしいです!!

まずは朝4時出発とは気合いが入りますね。
夏の朝の早起きは涼しくて格別だったのではありませんか。
東小金井駅での189系の二本・・・すばらしいです!!
背後の緑や、青空がとても都内とは思えない中央東線の空気を伝えているようです。
両方の電車とも、お話のシンボルマークが入っていて、
完璧ですね。
以前、豊田の189系を撮ったとき、ちょうどシンボルマークが外されていたときで、
撮ったその場では違和感を覚えたものの、
マークが外されていたことにあとで気がつきました。
国鉄型特急電車はこうでなければいけませんね。

続いて、「宇都宮線開業130周年記念号」・・・いいですねえ!!
私は5月に時刻表を購入したのですが、
すでに黄色のページにその運転日と運転時刻が記されていて、
ずっと気になっていました。
でも静岡からだとその距離が遠く、土地勘もないので見送りました。
お話の、「東大宮-蓮田」のポイントは一度出かけたことがありました。
そのときは、鉄友がクルマを出してくれたので、
苦もなく立てましたが、やはり数十人がいました。
でもあるぷすのまきばさんのお話を聞いて、
数百人のギャラリーには驚きました。
よくぞ、入れさせてもらえましたね。

さて、そのお写真ですが、絶品です!!
ローズピンクの機関車に茶色の旧客は、
常磐線で見たことがあり、違和感がありません。
そういえば、昭和50年代水戸線でも同じような列車が走っていたと思います。
なので、小山あたりでもこういう編成が見られたわけで、
お写真から当時にタイムスリップしたような錯覚を覚えました。

次回、あるぷすのまきばさんが富山にいらしたときは、
なまちゃんさんのお写真の今昔撮影をしていただけるとのこと、
天国にいるなまちゃんさんもお喜びになると思います。
無理をせずに、お願いたします。



 

北海道の通勤車両

 投稿者:たかさん  投稿日:2015年 7月17日(金)14時17分4秒
編集済
  やぶおさん みなさん こんにちは

台風11号の影響で加古川地区もかなりの雨が降りましたが、幸い災害などはなかったようです。ただ、同じ兵庫県内でもまだ非難勧告などが出ている地域もあり、まだまだ心配な状況です。

さて、きょうの写真は札幌駅で写した車両です。北海道の車両は厳つい顔が多いような気がします。


1枚目 キハ201

2枚目 クハ731

3枚目 クハ733
 
    (お返事) やぶお

たかさん、台風の被害がなくてよかったですね。
大型で強い台風ということで、
接近の前後もずっと大雨が続き、たいへんでした。
四国や和歌山では川が氾濫したということですが、
まだ続きの台風があるので要注意でありますね。

きょうも札幌の電車気動車のアルバムを魅せていただきありがとうございます。
気動車も電車も顔つきが同じなのがびっくりしました。
これが標準設計というものでしょうか。
考えてみるとJR東海の電車気動車も最近は同じ顔をしていますね。
しかもこちらは塗色までそっくりです。

お話のように、北海道の車両はいかつい顔をしていますね。
夏はともかく、冬に出会うとこの顔が頼もしく感じるのかもしれませんね。
魅せていただいた帯から、
京浜東北線、中央線、そして山手線を連想してしまいました。
かっこいいし、楽しいですね!!

 

Re: 広電海外へ

 投稿者:風旅記  投稿日:2015年 7月16日(木)22時54分1秒
  青列車さんへのお返事です。

こんばんは。はじめまして。風旅記と申します。
広島電鉄のニュース、興味深く拝読しました。今の時代らしいニュースですね。
個人的には、街と一体感のある路面電車は、その街の魅力を高める存在になると思っています。
日本でも各地で路面電車に復権の兆しが見えますが、日本で培われた技術が、ミャンマーで活きるとすれば素敵な話です。
私は昨年、初めて広島電鉄に乗りましたが、新旧様々な車両が盛んに行き来する様子は、実に活気があり壮観でした。鉄道は、本当に長持ちする、優秀なシステムです。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

(末筆にて大変恐縮ですが)
やぶお様、
いつも暖かい恐縮ですがご返信、ありがとうございます。
私もはまなす号を見に、北へと旅に出たくなってしまいました。
ご記載の通り、在来線は寂しくなりつつも、今の時代ならではの魅力もたくさん散らばっています。
私も、まだまだ鉄道からは離れられません。
ある日、夜中の函館駅で、はまなす号を見ました。
静かな駅には、心に響く鉄道の情景がありました。
今後とも、宜しくお願い致します。

http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

 
    (お返事) やぶお

風旅記さん、毎度ナイスフォローをいただきましてありがとうございます。


お話のように、広島の路面電車の新旧混在の車両のオンパレードは、
見ているだけでも楽しいですね。
確かに、車歴が高い電車は勇退しても仕方がないのに、
ミャンマーに嫁入りとは、それだけ電車が丈夫で長持ちということなのですね。

☆☆
関東周辺は本日(19日)に梅雨明けしたそうですね。
いよいよ暑さ本番となりますが、
こうなると私も北海道に旅行をしたくなります。
はまなすの座席車に揺られて、
国鉄時代をしのんで北海道入りというというのは、
いまやとびきりの贅沢のような気もします。
国鉄型車両は次々に勇退していきますが、
私もまだまだこの趣味は続けたいと思います。

 

広電海外へ

 投稿者:青列車  投稿日:2015年 7月16日(木)12時37分39秒
編集済
  http://www.hiroden.co.jp/what/new/topic.htm#150714_transfer

過日NHK地元局のローカルニュースで取り上げられたのですが、広島電鉄の車輛が海を渡りミャンマーに赴くことになりました。
聞けば、ミャンマーも御多分に漏れず首都ヤンゴンでは交通渋滞が激しくその解消にと新しく路面軌道系公共交通網の整備を行うこととなり、そのために日本に様々な支援を要請、そして路面電車運行と新旧様々な世代の車輛Maintenanceのknow-howを持つ広島電鉄に白羽の矢が立った由。
ミャンマーにはこれまでも元国鉄キハ181やキハ40系をはじめ日本の鉄道車輛が[再就職]していますが路面電車は初めてとのことです。
譲渡されるのは元西鉄の3005・3006そして元大阪市電の772とのことです。

画像1枚目は3005。2010(平成22)年06月10日、広電祭りの千田車庫にて撮影しました。
画像2枚目は3006。2008(平成20)年10月26日、広島市内走行中の姿を対向電車車内より撮影しました。
画像3枚目は769。 2009(平成21)年05月05日、広島市内走行中の姿を撮影しました。
生憎772の写真が手元にありませんでしたので同型車769を紹介します。
(この769ですが現在は現役を引退し他府県=くしままちづくり協議会/宮崎県串間市=で静態保存されている由)

http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/

 
    (お返事) やぶお

青列車さん、お仕事がお忙しいとのこと。
台風から以降、真夏の暑さとなり、梅雨明けも宣言されたようですね。
お身体には十分お気をつけいただき、お仕事にお励みください。


まずは富山地鉄の話題をつないでいただきありがとうございます。
青列車さんの富山時代のお写真を興味深く拝見しました。
14710系の夏の冬という真逆のお写真はたいへんおもしろかったです。
常願寺川にさしかかる築堤区間での撮影とのこと・・・
古い架線柱といい、あたりに住宅などが見えない光景といい、
すばらしいですね。
やってきた電車はまさになまちゃんさんが撮影されたそのもの。
お話のように塗装は変わっているものの、
赤い帯が前面でカーブをしているのは、
ブルトレ塗装を引き継いでいるようですね。
なるほど、白とグレーが基本の色調は、雪景色の中ではちょっと目立たないですね。


三枚目のお写真はまさにブルトレ塗装時代の14710系ですね。
サイドに引いた二本の白帯がきまっていて、
やはり地鉄の方々は20系客車を意識したのしょうね。

☆☆
広電の車両譲渡のお話・・・初耳でした。
ミャンマーに行くとのこと。
いままでJR車両のミャンマー行きは聞いていましたが、
民鉄車両では初めてではないでしょうか。
しかも譲渡の電車がけっこう古い電車であることもちょっと意外でした。
これらの電車は日本ならそのまま勇退になる場合が多いと思いのですが、
ミャンマーでは車歴が高くてもこれらの車両を必要としているのですね。
広電からの勇退は寂しいですが、
モノを大切に使う意味でも第二の人生を異国の地で飾ってほしいものです。
これらの形式は今回の譲渡で形式消滅しないことがわかって、ちょっとほっとしています。

 

Re: レッドアローよりさらにクラシックな車両

 投稿者:青列車  投稿日:2015年 7月16日(木)07時35分27秒
  > No.29265[元記事へ]

やぶおさんへのお返事です。

皆様ご無沙汰しております。このところ仕事に追われて中々[鉄分]補給もままなりません。禁断症状を通り越して[非鉄化]しかねない状況です(^^;)

さて、富山地鉄14710系、既出かと存じますが手持ちの画像がありましたので紹介します。1枚目と2枚目は常願寺川右岸、これから橋梁に差し掛かる14710系夏と冬それぞれの画像です。撮影日時は失念しましたが1990~1993(平成2~5)年頃です。3枚目は1984(昭和59)年07月01日、JR(当時は日本国有鉄道)富山駅ホームより電鉄富山駅停車中の12+14712です。この当時はまだ所謂ブルトレカラーでした。
後に白ベースの所謂[雷鳥色]になりましたが、この色だと冬場降雪時には却って保護色になってしまうとの指摘があったそうで後にカボチャ色?黄色と緑のツートンカラーが登場しました。然しこれは全車に普及したわけではなく雷鳥色も残っています。
(立山連峰や白山の高山部分に棲むライチョウが冬に白っぽい羽根に変わるのは正に天敵の目を眩ますための保護色ですから積雪地帯である北陸富山の冬を走る鉄道車輛にこの色を採用するのは果たして?と言う気がしないでもないのですが、そこは日中でも前部標識灯を使えば視認性は格段に改善されます。若しかしたら塗り替えが全車に普及しなかったのはそれが理由でしょうか?)


14710系にはそこかすろう様も触れていらっしゃるようにロングシート車とクロスシート車がありました。生憎私も番号対比は記録しておらず記憶も曖昧でお答えできないのが無念です。
転勤で富山に暮らしていたのはもう20年も前のこと、そして赴任して数年で元京阪3000(富山地鉄形式10030)が大挙して[嫁入り]し、14710一族は追われるように戦線離脱していき、その吊かけサウンドや乗り心地を堪能できる機会はあまりありませんでした(寧ろ14760の方に目が行っていたのは否定しません)。

http://plaza.rakuten.co.jp/letrainblue/

 

Re: レッドアローよりさらにクラシックな車両

 投稿者:あるぷすのまきばメール  投稿日:2015年 7月16日(木)03時26分8秒
  > No.29265[元記事へ]

やぶおさんへのお返事です。

やぶおさん 皆さん

> 私からはレッドアローよりさらにクラシックな地鉄の優等列車を紹介します。
> なまちゃんさんが昭和44年に寺田で撮影をされた一枚のお写真。
>

こんばんは。
なまちゃんさんのお写真、拝見しました。
14710系の現役時代には残念ながら接することができませんでした。そのお写真の撮影地点に関してですが、自分はパッと見た感じで、
「稲荷町駅の本線下りホーム」と予想しましたが、いかがでしょうか。

富山地鉄自体は、富山県下の鉄軌道・バス事業者を統合する形で戦時中の昭和18年に発足した会社ですが、その前身となった鉄道会社が、
「減速を強いられる急カーブ区間にこそ、駅を設置するべきである」
と考えて建設したなどと言われるほど、どの駅も急カーブにホームがあるのが、地鉄の旧富山電鉄区間の特徴です。(あくまで「俗説」のようですが...)

対向式ホーム、オマケ程度についている短い上屋...という特徴だけでは、越中三郷や寺田、岩峅寺など、立山線系統が通りそうな駅だけでも多数ありますが、
何だかホームの曲がり具合から、地鉄を撮りに通った者として、直感的にそんなことを考えておりますが、いかがでしょうか。

という訳で、ハードディスク内に眠る膨大な枚数の地鉄の写真を捜索していたのですが、稲荷町駅の同じポジション(電鉄富山ゆきホームの富山寄り、地下道の階段入口付近)で下り列車を撮った写真を発見することができませんでした。
とりあえず、自分の説が正しいと仮定して、この電車と同じ位置に停まる14760系「かぼちゃ電車」の姿を。
ちょうど、掲載のお写真と同じホームの立山・上市側から撮った写真ということになります。
右の緑は稲荷公園、公園を挟んで北陸本線が通っています。
この公園ができる前は、ここは大きな工場があったそうです。

それから、話題の「地鉄のレッドアロー」、こちらの“共演と競演”の1枚です。
まだ、「ダブルデッカー」が富山にやって来る前、「アルプス~」も平日運用で2両で走っているときで、3編成が2両編成停車位置に並んで停まっている、電鉄富山駅の昼下がりです。
それから、「地鉄のレッドアロー」、「アルプス~」でない方の編成の車内です。写真を拡大していただくと、あの「栓ヌキ」表示板が健在であることがおわかりいただけるかと思います。

(写真上)稲荷町駅ホーム 2012/8/2
(写真中)電鉄富山駅 2012/6/27
(写真下)16010形車内 2012/6/27

http://gohachinihachi0309.blog.so-net.ne.jp/

 
    (お返事) やぶお

なまちゃんさんが撮影されたお写真に、あるぷすのまきばさんとそこかすろうさんから、
貴重なお話をいただき感激しています。
お二人の的確なご示唆に、天国にいらっしゃるなまちゃんさんもさぞ喜こばれていることと思います。

と申しますのも、なまちゃんさんからいただいたお写真のデータに、
二つの「?マーク」がつけられていました。
一つは撮影年、もう一つは撮影場所でした。
今回、はからずもこの2点についてお二人からお話をいただき、
その鋭い着眼点に感服しています。
そこかすろうさんからは、撮影年についてのご示唆が、
そしてあるぷすのまきばさんからは撮影場所のご示唆をいただき、
そのタイミングのよさも相まって、やはりその道に精通しているかたのお話は、
説得力があるなあと感心をしている次第です。

私もあるぷすのまきばさんの稲荷町でのお写真を拝見して、
同一場所であるという確信を感じました。
理由として、
まず地鉄のスペシャリストとしてブログのお仲間から信頼を得られている、
あるぷすのまきばさんの直感を信じたいこと。

さらには、線路のカーブの具合、
架線柱、そしてホームの基礎となる玉石の形が同じことがあげられます。
できれば、この事実をなまちゃんさんがご存命のうちにお知らせしたかったと思いました。
ほんとうに、ご協力ありがとうございます。
心より御礼申しあげます。

さらには2枚目、3枚目のお写真・・・
まずは西武レッドアローと京阪テレビカーの三役そろい踏みはお見事です。
西武の2編成の出会いだけでも興奮なのに、
これはデラックス過ぎます。

また栓抜きの設置はこんな感じなのですね。
この形状は、153系や165系急行電車と同じなのかなあと思いました。

 

Re: レッドアローよりさらにクラシックな車両

 投稿者:そこかすろう  投稿日:2015年 7月16日(木)00時27分21秒
  > No.29265[元記事へ]

やぶおさんへのお返事です。

今夜も貴重なお写真をありがとうございます。

この車両は元名鉄3800系の14710系ですね。昭和23年に私鉄標準規格形として、71両の大所帯でした。
地鉄へは昭和42年頃借入車として入線し、数年後正式譲渡されました。昭和56年頃非貫通化され、平成
5年に旧京阪3000系と交代し勇退しました。本家の名鉄では支線特急用の7300系に一部が生まれ変わり
ましたが、最期は豊橋鉄道でした。北陸の私鉄は資本提携の関係で名鉄の中古車が数多く見られましたが、
今は福井鉄道ぐらいでしょうか。

ヘッドマーク(行先表示板)は今も電鉄富山駅では多数置かれているのでしょうね。お写真の種別は「
B急行」にも見えますがいかがでしょうか。

ただ撮影年代ですが、「千寿ヶ原」が「立山」に改称されたのは昭和45年7月1日ですので、昭和45年
撮影と考えるべきかと思います。

この頃の14173(元名鉄3809?)の座席はクロスかロングかわかりかねますが、晩年は特急車として
旧地鉄標準色化され固定クロス化された車両に含まれるかもしれません。この系列の入線で地鉄発足
以前の雑多な引継車両が多数勇退しました。
 
    (お返事) やぶお

なまちゃんさんが撮影されたお写真に、そこかすろうさんとあるぷすのまきばさんから、
貴重なお話をいただき感激しています。
お二人の的確なご示唆に、天国にいらっしゃるなまちゃんさんも喜んでいることと思います。

と申しますのも、なまちゃんさんからいただいたお写真に、
二つの「?マーク」がつけられていました。
一つは撮影年、もう一つは撮影場所でした。
今回、はからずもこの2点についてお二人からお話をいただき、
その鋭い着眼点に感服しています。
立山駅の改称から、撮影年が特定できたことはうれしいです。
おそらくなまちゃんさんはお写真をパソコンに取り込む際、
撮影年と撮影場所を失念して、「?マーク」をつけられたことと思います。

さて主役の地鉄のブルトレといわれた電車ですが、
元名鉄車なのですね。
そういわれてみると、同型車が大井川鐵道にもいたような気がします。
また原版のお写真を拡大してみてみますと、
該当の電車はクロスシートのようでありました。

さらにはHMの文字ですが、
確かに「日急」では意味が通らないですものね。
「日」の文字ではなく「B」というのも納得がいきます。

 

レッドアローよりさらにクラシックな車両

 投稿者:やぶお  投稿日:2015年 7月15日(水)21時03分28秒
  あるぷすのまきばさん、県民福井さんからクラシックなレッドアローのお写真をいただきました。
私からはレッドアローよりさらにクラシックな地鉄の優等列車を紹介します。
なまちゃんさんが昭和44年に寺田で撮影をされた一枚のお写真。

前面には14713の文字が見えます。
そして前面にぶら下げたHMには「日急?」電鉄富山 立山の文字が見えます。
この車両の最大の特徴は塗色でしょうか。
地鉄のブルートレインといわれた紺色に白帯を締めた塗装が目を惹きました。

http://www.geocities.jp/yabuubu/index.html

 

クラッシックなレッドアローの続続編

 投稿者:県民福井  投稿日:2015年 7月15日(水)20時04分7秒
  やぶおさん、レスありがとうございます。

私は第2編成は横江で撮っております。

確かに第2編成の方は水戸岡風のレタリングが面白いですね。
 
    (お返事) やぶお

県民福井さん、元西武レッドアローの第2編成の話題をつないでいただきありがとうございます。

横江でのレッドアローのお写真は美しいですね!!
地方私鉄での運転台なし中間車で組成された3両編成はめずらしいと思います。
地鉄の魅力を100%引き出しているレッドアロー・・・リニューアルされてもうしばらくは活躍できそうですね。
レッドアローの塗色が、背景の立山の木々に溶け込んでいると思います。

さらには、水戸岡氏のレタリングが満載したアップ写真も、
思わず見入ってしまいました。
窓にレタリングされた立山の山並み、
「富」のユーモラスな文字、
折り戸の印鑑風ロゴなど、水戸岡氏デザインの車両の特徴が表れていますね。

 

Re: 急行【はまなす】

 投稿者:風旅記  投稿日:2015年 7月14日(火)20時05分48秒
  やぶおさんへのお返事です。

こんばんは。
はまなすのお写真を拝見しました。
この列車が走るのは、この先どれくらいの期間でしょうか。
長年の使用、それも夏の暑さから冬の酷寒まで、海沿いにも走り続けた客車は、もう草臥れています。
それでも、青い客車がホームに入ると、どことなく視線を集め、多くの旅人を乗せてゆく姿は、やはり風情がありますね。
青森駅も東北本線のホームは短く仕切られてしまい、長い編成の特急列車の発着も無くなってしまいました。
在来線は寂しくなる一方ですが、はまなすのような列車を見ると、まだまだ在来線の旅を続けたいと思ってしまいます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

 
    (お返事) やぶお

風旅記さん、はまなすの写真についてコメントをいただきましてありがとうございます。

お話のように、国鉄時代の雰囲気が伝わってくる(はまなす)も、ゴールが見えてきたようですね。
私は一度ゆっくりとこの(はまなす)を撮影したくて、暮れに青森に行きました。
(はまなす)自体はJR化後に生まれた列車ですが、
たいへん惹かれる列車であります。

それにしても、風旅記さんのコメントはお見事であります。
『青い客車がホームに入ると、どことなく視線を集め、多くの旅人を乗せてゆく姿は、やはり風情がありますね』・・・
まさしくその通りだと思います。
青く塗られた列車が、夜ホームを発つ姿は確かに惹かれるものがあります。

さらには、かつて幹線の主要駅として、
長編成の特急列車が発着していたホームの半分以上が使われなくなってしまった現状には、心が痛みます。
年々味気なくなっていく在来線ですが、
それでも魅力はどこかに残っているので、私ももうしばらくは撮り鉄・乗り鉄を続けたいです。

 

特急すずらん

 投稿者:たかさん  投稿日:2015年 7月14日(火)19時03分47秒
  やぶおさん みなさん こんばんは

きょうの写真はYOSAKOIソーラン祭りの会場を移動して札幌駅前会場に来た時、お目当てのチームが踊るまで40分ほど時間があったので、ちょっとだけホームで写そうと思って写した特急「すずらん」です。トップナンバーでした。
 
    (お返事) やぶお

たかさん、台風が接近していますね。
そちらは大丈夫でしょうか。
当地静岡は台風からは離れているものの、16日一日大雨が降り続きました。

さて、梅雨のない北海道のアルバムを毎度魅せていただきありがとうございます。
それにしてもたかさんの強運はすごいですね。
40分の待ち合わせで、駅に戻り、
特急(すずらん)を撮影してしまうのですから。
こういうとっさの行動が獲物をゲットすることにつながるのですね。

魅せていただいた車両は785系というのですね。
1990年に渡道したときに、デビウのパンフレットが駅の待合室に置いてあって、
それを記念に持ち帰った覚えがあります。
クリアーファイルに保存してあると思うのですが、
物置のどこかに紛れ込んだままです。
確か、ほほの膨らみから、アンパンマンという愛称がつけられた車両ですね。
JR東海のキハ85や373系に似たイメージもあって、私の好みの車両です。
それにしてもトップナンバーとの遭遇とは熱くなりますね。
すずらんの愛称名はいかにも北海道らしくて大好きです!!

 

Re: 宝塚ファミリーランドに展示されていたのは

 投稿者:そこかすろう  投稿日:2015年 7月14日(火)00時33分15秒
  やぶおさんへのお返事です。

いつも興味深い話題をありがとうございます。この1週間は交流電機をしっかり勉強させて頂きました。

さて、板の時間を1週間逆戻りさせて恐縮ですが、お詫びと訂正があります。
近年能勢電は車両のメンテを阪急に全面委託しています。全検・重検は正雀でその他は平井で行われて
います。平野は電留線化しました。

宝塚ファミリーランド(当時は動植物園の名称?)に「義経」が展示されていたのは初耳でした。サハ
になっていた1号車は創立(箕面有馬電軌)50周年を記念し昭和初期の姿に復元されました。かつては
園内に温泉・宿泊施設もありました。

関西の遊園地における「鉄」施設を振り返ってみました。
岡田准一名誉園長で盛業中の京阪ひらパーには昭和55年に開業70周年を記念し、大津線錦織で荒廃して
いたびわこ号63を復元展示しました。現在は寝屋川車庫へ転居。
南海みさき公園には昭和60年創業100年を記念し、旧20000系こうや号を歴史館として保存しました。
数年後に老朽化のため撤去。
南海さやま遊園(旧2001号を展示。閉園前に解体?)
近鉄あやめ池遊園地(大軌1号車を復元展示。閉園後は五位堂車庫へ転居。)
阪神パーク(軌道線31形・71形車番不明を保存。閉園前に解体?)

みさき公園は7000系・10000系サザンの廃車体と50000系ラピートのモックアップを並べたミュージアム
が昨年できました。斎藤雪乃さんを招きオープニングセレモニーがありましたが、入園料プラス入館料な
のでなかなか足が向きません。

ドリームランドは奈良にもかつて存在しましたが、悲運のモノレールの「横浜」が忘れられませんね。
昭和42年の開業直後に車体重量オーバーでレール破損が見つかり、そのまま休止廃線になりました。
大船駅など施設は最近まで廃墟として残っていましたが、いつまにかなくなりました。

振り子気動車はJR西日本(キハ187)と智頭急行(HOT7000系)が他にありますね。前者はスーパーおき・
スーパーまつかぜ・スーパーいなばに、後者はスーパーはくとに運用されています。前者はモノクラス編
成ですが、後者はキロハやセミコンパートメントが存在します。
 
    (お返事) やぶお

そこかすろうさん、またまたていねいなフォローと、
訂正までいただきましてありがとうございます。

関西周辺の遊園地における『鉄』施設・・・興味深く拝見しました。
まずは京阪のびわこ号ですが、一度現車を見てみたいです。
模型では購入しましたが、専用軌道、併用軌道どちらでも運行OKの車体が魅力的です。
みさき公園もお話を聞いてぜひ行きたくなりました。
ただお話にある入園料と入館料のダブル徴収というのは痛いです。
私は遊園地の類いは好きではないので、そちらのほうはパスしたいのですが、
入園料を払わないと電車館には行けないとは、ちょっと考えてしまいます。

横浜ドリームランドですが、幼少のころ、父親の社員旅行についていきました。
まだ東名高速もないころで、延々と国道1号線を観光バスに揺られた記憶があります。
ただそのときモノレールが動いていたかどうかは全然意識がないのが困ったものです。

振り子気動車は全国的に活躍をしているのですね。
山陰線の軽快気動車特急も振り子装備なのですね。
ディーゼル音と軽快な振り子の組み合わせは体験してみたいです。

 

トーマス&ジェームス

 投稿者:城東電軌  投稿日:2015年 7月13日(月)22時12分13秒
  やぶおさん、皆様、こんばんは。

先日の土曜日は大井川鉄道のジェームス営業運転初日と云う事で、久しぶりに大井川詣でへと出かけてまいりました。
この日はトーマスとジェームスの両方とも走るという事で、沿線はどこも凄い混むだろうと予測。神尾ならきっと空いているだろうと思い車を走らせました。
やってきたジェームスは、C56をよくぞここもで似せたなと感心するような作りでした。これなら子供たちも大喜びでしょう。
組織も変わったことですし、これをきっかけに大井川鉄道もダイヤの見直し等、(経営改善の)復活に向けて動き出してくれればと思います。


 
    (お返事)  やぶお

城東電軌さん、大井川鐵道の楽しい話題をいただきましてありがとうございます。
今年も大井川鐵道にトーマス君が帰ってきましたね!!
さらにはジェームス君まで連れ込んでパワーアップし、
この夏休みはまたまた大人気になりそうですね。
私は昨年夏に新金谷で撮影を試みましたが、
とても駅まで近づけない状況・・・
しかたなく代官町へ行けば大丈夫だろうと出向いたところ、
ここも開駅以来のにぎわいではないかと思うほどの、人だかりでびっくりしてしまいました。

城東電軌さんは神尾で撮影されたのですね。
ここは確かに幹線道路から外れていて、
アクセスもにしくいですから、正解だと思います。
バックの緑を背景に、遠近感あふれるすてきなお写真が撮影できたと思います。
トーマスは昨年来のおなじみですが、
ジェームスもまたよく作り込まれていますね。
顔つきなどどれも同じかと思っていましたが、
微妙に違うところも凝っているなあと思いました。
お話のようにタネ車の面影がないほど変身しています。

大井川鐵道の経営難は再三地元のメディアで知らされているので、
トーマス路線には賛否があると思いますが、
個人的にはこれを起爆剤に再建に向かうきっかけとなればなあと思います。
私も城東電軌さん同様、まずはダイヤの見直しを再検討してほしいです。

 

/278