teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


健康に気をつけていますか?

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 9月18日(月)11時00分37秒
編集済
  大型台風の鳥取県直撃の予想で心配していましたが、幸いなことに針路がズレてひと安心しました。しかし、短期大雨警報なるものが出され、甚大な被害を受けられた地域の方々は本当にお気の毒で、心よりお見舞い申し上げます。
季節も夏の猛暑から〇〇の秋に確実に移り変わっているみたいですね。爺にはうれしい季節なのですが、反面気をつけないといけないんです。経験上、中年過ぎると皆さん特に男性の方は暴飲暴食に気をつけたいものですね。
どこかの旅先で購入していた手ぬぐい(どこにでもありふれたものですから、皆さんも目にされたことがあると思います)を思い出しました。老婆心で書きうつしてみます。

   健 康十訓(健康は嬉しい、美しい、素晴らしいあ!何はなくてもやっぱり健康!)

1   少肉 多菜
(お肉ほどほど、野菜たっぷり、健康もりもり!)
2    少塩多酢
(塩分摂りすぎは高血圧のもと、酢は健康のもと)
3     少糖多果
(甘いものは果物から、砂糖は肥満への直通切符)
4     少食多噛
(腹八分目でよく噛みゃ、幸せも噛みしめられる)
5      少衣多浴
(薄着で風呂好きの人は健康を身につけている人)
6     少言多行
(べらべらしゃべっている間に行動を開始せよ)
7     少欲多施
(自分の欲望のために走らず、他人のために走れ)
8      少憂多眠
(くよくよしたって同じ、とっとと寝てしまおう)
9      少車多歩
(自動車は確かに早い、でも歩けば健康への近道)
10    少憤多笑
(怒ったときでもニコニコしていれば、忘れてしまう)

どうですか?
何か感じるのも感じないのも、自分次第ですよね。
健康の有り難さは失って初めてわかる!   諺にありましたよね。
 
 

ぶどう狩り

 投稿者:銭屋  投稿日:2017年 9月12日(火)23時11分51秒
   今日は月に一度の外出の日。北栄町にあるサンサンぶどう園でのぶどう狩りとコナン通りの散策に行ってきました。小雨が降ったり止んだりの天候でしたが、サンサンぶどう園はハウス内でのぶどう狩りということもあって、雨を気にせずにぶどう狩りを楽しむことができました。



 ぶどうは「翠峰」と「瀬戸ジャイアンツ」という2種類のぶどうがあり、この2種類のぶどうの特徴は

○翠峰(すいほう)
 ピオーネとセンテニアルの交配してできた大粒の緑系ぶどうで、果汁が豊富で甘くてほどよい酸味もあり、上品な味が楽しめる。皮が薄く基本的に種なしなので、丸ごと食べることもできる。

○瀬戸ジャイアンツ
 グザルカラーとネオ・マスカットを交配させ育成されたぶどう。「桃太郎」ぶどうとも言われ、シャボン玉が三つくっついたような粒の形が特徴的。皮ごと食べるぶどう。皮も食べやすくぱりっとしており、その渋みも心地よい。



 どちらの種類も美味しくいただきましたが、大きい粒の為、一房でお腹がいっぱいになる方がほとんどでした。ちなみに私は朝ご飯を食べていなかったので、朝食代わりに二房いただきました(>_<)お土産として買って帰る方も何人かおられたので、帰宅後に今日一日の話をしながら家族みんなでおいしく食べられているのではないでしょうか!?



 ぶどう狩りの後は道の駅大栄で昼食(バイキング)をとってからコナン通りの散策です。昼食後に突然の大雨となり、しばらく道の駅で休憩することになりましたが、雨が止むのを待っている時間でもストークの仲間は和気あいあいといった感じでした。



 雨が止んだ後は予定通りみんなでコナン通りの散策や米花商店街へ行ってみました。コナンのお店では、いろいろなグッズが置かれていたり、テレビではアニメ(映画?)が流れていたりで、それを見ているみなさんの目がキラキラ&楽しそう、そんな姿を見てみんなコナンが好きなんだなぁと感じてしまいました(^^)


 今回の外出は雨の予報でどうなるか心配でしたが、雨の影響は思ったよりも少なくて予定通り行うことができました。また、利用者さんの楽しそうな笑顔や姿がたくさん見られ、とても充実した時間を過ごすことができたと思います。今日も楽しい外出となりました!!



 来月はストークの収穫祭があります。毎年第3日曜日に行ってきましたが、今年は第4日曜日の10月22日に開催します。お越しいただく方に満足していただけるように、収穫祭に向けての野菜作りなども頑張っているところですので、たくさんの方のご来場をお待ちしております。





 

ルンルンるん!

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 9月 7日(木)20時19分53秒
   昨日から今日にかけ、うれしい出来事が続きました。おかげさまで今日は寝不足ではありましたが、じぇ~んじぇん苦にならず、見通しの悪い集落の草刈りボランティアをしました。途中雨が降り出したので全身びしょ濡れになりましたが、元気、元気でした。人間気分次第で気力充実するんですね。こんな達成感はとっくに忘れていましたよ。

 一つだけ爺がうれしいことを披露しますと、勉強嫌い(?)というかなかなか宿題さえしないまま登校したり、食事も少ししか食べなかった孫が、とても積極的になり、ご飯も生きいきと以前の倍くらいを自ら食べるようになったんです。一つは夏休み中に計画の立て方で課題がすべてできたこと、何と書いているかわからないような釘を折ったような字で書くのを、秘密(親に)特訓をし、字の恰好ができ、先生からも「字が変わったね」とか「丁寧で力強くなったね」というようなコメントをもらえて、はずみがついたんでしょうね。
 本人の努力がいちばんですね。爺なんかちょこっとヒントをやっただけなんです。

 このようなうれしいことがいろいろと続いて耳に入り、今日は本当に何をやっても疲れなかったです。うれしい情報くれた方々に感謝です。ありがとうございます。
 

稲刈りの始まり!

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 9月 2日(土)21時42分35秒
編集済
   ストーク周辺の田んぼの稲が色づき、タイミングよく今日のN新聞の潮流に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の記事がありましたが、これから急ピッチに稲刈り機があちこちの稲を刈り回ることでしょう。
 農道を歩く人の頭の周辺をたくさんの赤とんぼが秋の到来を知らせてくれています。それに伴い朝夕の温度も下がり、夜中は布団にくるまっていないと風邪をひきそうですよね。

 心配した収穫祭用の大根、白菜も日中は生きつくだろうかと心配しながら朝晩必死で水やりを職員のO さんも朝6時ごろに出勤してこの暑さを乗り切りました。幸い日差しが和らいできたせいもあり、大部分が何とか持ちこたえたようです。野菜栽培は子どもの世話と一緒だよ!っと近所のお年寄りからよく耳にしたことを思い出します。何とかこのまま虫との戦いも乗り切って、10月22日の第4日曜日(今年度から変更になっています)にはおいでいただく方々に喜んでいただけたら嬉しいです。

 ここ数日は北朝鮮のミサイル問題で、日本も急にあわただしい状態が生まれてきています。
異常気候も相変わらず日本列島はもちろんアメリカでも大洪水が報じられ、世界中がおかしくなってきていますよね。にもかかわらず、日本の特徴である四季の移り変わりが何とか感じられることが救いです。
 冬から春にかけてだんだん暖かくなる時の気候の様子を、「三寒四温」という四字熟語で巧妙に表されています。
「五風十雨(ごふうじゅうう)」という四字熟語もご存知かと思いますが、野菜栽培、戦争の危惧を思うときふっと思い出しました。つまり 五風…五日に一度風が吹く、十雨・・・十日に一度雨が降る
 五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降ると作物が良く育つという意味で、世の中が平和であるという意味に繋がります。何もないときには特に感じないことでも、厳しい状況があればそのあとの喜びを強く感じるものですね。
 爺の好きな言葉に、「冬がないと春をそんなに気持ちよく感じない。時に逆境を味わわないと、幸福をそれほど喜ばない。」という言葉があります。現在の状況を考えてみたとき、平和のありがたさがしみてきます。
 

ひびく体力不足!

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 8月27日(日)20時26分50秒
   赤とんぼが飛び交う姿が見受けられだし、一日ごとに秋が接近している気がします。台風の接近はこりごりですが…。
 毎朝・夕の涼しいうちに大根、白菜に水やりしていますが、白菜は日中にはしおれはててしまいます。そのせいか枯れてしまうものが何本も出てきています。大根のほうはアオムシに襲われ葉を食い荒らされていますので、水やりしながら虫取りに追われています。昨日は曇りだったので比較的楽でした。
 野菜担当者が腰痛でダウンしている関係でストークの白菜定植が遅れているので、今朝の涼しいうちに定植ができるように畝作りを5畝ほど準備し、更に手が回っていないハウス周辺の草刈りを一時間ほどしました。休憩しようとしたら目の前が真っ暗になり、水分補給をしたものの立っていられなくなり、しかも嘔吐しそうになりましたので、あわてて日陰に寝っ転がりました。こんな状態になるとは、はじめてのことで気持ちだけでは体力が伴わないことを自覚した次第です。
 ストークの仕事は控えているのですが、収穫祭に何もない状態では来ていただく方々に失礼になるので、少しでもお役にたつようにと思っているのですが…。後期高齢者の出る幕ではないのでしょうかねぇー。

 ところで、毎年一回妻との旅が、今年も今日が丁度一か月前になりました。3月から企画し6月から細かい行程をつくり、業者に見積もりを出して6月末に航空券、ホテル等の手配を終了してきました。でも今年が最後になりそうです。脊椎窄症手術後の足の痛みは完全になくなりましたが、痺れは残りしかも上記のように体力に限界を感じだしたものですから。
 10年くらい前にホームステイで受け入れたご夫婦が近くまで来るのに自分たちに会わないつもりなのか?友達じゃーないか。っとお叱りのメールをいただき、2泊ほどお世話になることにしました。(ここには以前一週間ほどお世話になり、また娘も一人旅の時3泊ほどお世話になっています)収穫祭前でお手伝いができないことが気がかりですが、下手に近くにいるとつい口を出したりして、じゃまてごになりそうだから、ちょうど良いかも。
 あと一か月のうちにどれだけ秋模様になり、お手伝いできるか不安ですが精一杯じゃまてごしていこうと思っています。
 明日も6時前からスタッフの一人と二人で白菜の定植をする予定です。
          涼しくなーれ、涼しくなーれ!!
 

保護者N様ありがとうございます。

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 8月23日(水)12時16分53秒
   確かにタローはいつ生まれたか、どこから来たのか、どなたにかわいがってもらっていたのか、等ナゾだらけです。少なくともストークに来てから7年以上になります。
まさにおっしゃる通りです。野良ちゃんで歩き回っていたころの姿が思い出されます。すでにその時には奥歯がなく、老犬を彷彿させるところがありました。いつまでもストークのアイドルとして皆さんから可愛がってもらうことを願っています。
 

タローのルーツは?

 投稿者:保護者N  投稿日:2017年 8月21日(月)20時29分21秒
  少し前に知り合った名和の人のご近所の柴犬が数年前に行方不明になったと聞き、もしやと思いタロウだったら今も元気に生きてますとお伝えしたくて、知り合いに伝言を頼んだら、すぐその飼い主さんから電話がありました。とても可愛がっておられたのがわかりました。タロウがストークに来たのは平成20年。いろいろ特徴を言い合って、いなくなったのはメスとのこと。タロウではありませんでした。
タロウはどこから来たのかナゾのままです。10歳以上にはなりますね。
 

タローの知名度は?

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 8月18日(金)21時08分58秒
   今日ストークに来られた方が、利用者のNさんのお出迎えはあったけど、タローのお出迎えがなかったけどいますぅ~?と言われました。最近小屋に入って寝てる時間が多くなり、なかなか外に顔を出してくれません(以前は車が来ると飛んで出てお迎えをしてくれていましたのにね)タローはこの人がお持ちのタローへのイメージのように知らず知らずのうちに、ストークの看板男であり、アイドルになっていたんですね。
この猛暑のせいでゴロリが多くなったんですかねぇー。一般的に犬は寒さには強いけど暑さには弱い体質ですから…。お昼過ぎ頃ストークに行った際には体全体にシャワーで水をかけてやるんですが、気持ちよさそうにジィーとしています。
 それとも歳を取ってきたので、寝ている時間が多くなったんでしょうか。確かに歯がないところがあり、固いものとかソーセージをやると丸のみする傾向があるので、半分くらいに小さくしてやります。
 みんなから可愛がってもらい、利用者さんたちの癒しにもなってくれているタローは幸せだろうな!と思います。
 

(無題)

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 8月17日(木)10時19分40秒
編集済
  またまた暑くなりそうですね。東京は8月に入ってから連続17日の雨降りが続いているようですね。これで給水制限が解除されるんでしょうかね。それにしても日本各地で異常天気で、困ったものです。
 ところで、某高校で唯一担任したクラスの卒業生といっても50台の方なんですが、1月に35年ぶりに会いお互いの年を認識したのですが、この盆休みに連絡をくれて昨日会いました。懐かしい昔話したり、現在の様子を聞かせてもらったり、将来について等も少し話して、楽しいひと時を過ごし、なんか急に元気が出たように今日は感じています。
暑くてダラダラした生活で何もやる気がなかった時だったので、すごく彼との出会いはよかったです。彼は4年間韓国生活していた関係か、韓国語もお手の物のようです。face bookに投稿する際は、必ず日本語、英語、ハングルで書いています。いろいろな国にお友達がいるということは視野を広げてくれますから、夢が増えたり、心豊かになったりしますよね。爺も「人のふり見てわがふり直せ」の言葉を心に出会う人、訪ねた土地・国の文化、風俗の気づいた点、特に良い面や感心することを大切にし、孫たちに口うるさく言っています。これも老い先が見えたことによる焦りなんでしょうか…。最近読んだ本の1節(以前この掲示板に投稿したことがあると思いますが・・)を思い出したので、正確ではないですがまた書いてみます。

   この世はしばらくの縁であるから、夫も妻も子供も親もみんなしばらくの間の縁である。
   だから一瞬一瞬を大切にしないといけない。
   今日のことは今日するだけでなく、明日のことも今日するよう心がけたいものである。
   臨終になってからでは手遅れだから。

 
 

台風5号の影響

 投稿者:前所長  投稿日:2017年 8月11日(金)18時07分5秒
編集済
   孫との思い出の旅で、6日の朝6:30分のやくも、新幹線でまず大津港へ直行し、11:45 出航のミシガン号の90分のランチクルージングを楽しみました。京都にバックして、駅前の京都タワーホテルにチェックインし、タクシーで鉄道博物館へ行きました。長男の孫は興味があったようで、一人でパチ×2と自分のカメラに記録を取っていました。18時頃まで4時間ほど館内で見学・体験をして過ごしました。京都駅近くの地下街でお好みの夕食を食し、ホテルの大浴場で汗を流しました。
翌7日は台風がゆっくりとした速度で、しかもかなりの雨量をもたらし、山陽・近畿上陸が進路だと知り、やばい!っと思っていましたが、一番行きたい太秦(映画村)に行くべき太秦駅について駅員に行き方を尋ねると、台風のため中止だということで、仕方なく京都駅に帰り、もう一か所の水族館に行こうと思いましたが、京都もかなり風が強くなってきたので、ひょっとしたらやくも号が岡山駅で運休になるかもしれないと判断して、予定を変更して、乗車券をすぐに乗れる新幹線・やくも号に30分ほど窓口に並び、12時の列車に飛び乗り帰路につきました。米子駅についてみると、自分たちの後のやくも号は運休まではなかったですが、かなりの遅れが出たようでした。次男の孫との2回目の思いで作りの旅でしたが、また計画してあげようと思っています。
 それにしても鳥取県西部地方は大山のおかげなのか大きな被害にならなく、本当にありがたいです。
 

レンタル掲示板
/31