teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


なおさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年10月12日(日)13時34分19秒
  「自分をあるがままに許し、受け入れる」って言葉で見ると
とっても簡単なことなのに、これがなかなか難しいんですよね。

わたしも当時は、何をすればいいのかわからない。
どうやってこの先生きて行けばいいのかまったくわからない。
自分には何の価値も感じられない・・
そんな毎日でしたが、現在は、多少の波はありますが、やりたいことも出てきたし、
少しずつですが自分を認めることもできるようになりました。
あきらめないで生きててよかったな~と思います。

毎日を楽しそうに生きてる人にあこがれます。
そうう人になりたいです。
 
 

なおさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年10月10日(金)08時47分48秒
  なおさんこんにちは。
まさに最近のわたしも「人との出会いって不思議だなぁ」と考えていたところです!
少し前に『ゆるすということ』と『愛とは恐れを手離すこと』という本を読んで、
「許す」「手離す」ということについてちょっと考えさせられました。
「許す」の中には、どうしても許し難い人や出来事も含めて
「自分を許す」も入っていました。

なおさん、すごいですね。
たしかに自分が元気な時に限るかもしれませんが、
そんな風に人との出会いを振り返ることができたら
ずいぶんと生きるのが楽になるでしょうね。
わたしも是非「出会った人との相関図」を作ってみたいと思います。
ありがとうございました。
 

ヒマワリさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年 9月27日(土)01時15分55秒
  そうですか・・
わたしの思い込みかもしれませんが、心の病気になる人は、やさしくて、
そして幼い頃の家庭環境に問題のあることが多いような気がします。

だから、ヒマワリさんが「アダルトチルドレン」と言われて
辛いけれどそこに向き合うことになったのは、もしかしたら克服への前進なのかもしれません。
わたしも、当時は昔の事を思い出し辛くて辛くてたくさん泣きました。
「わたしの青春を返して!」と大声で叫びたいくらいでした。いや叫んだかも・・
自分の苦しい気持ちをどうにもできず、勇気を出して母親に手紙を書いたりもしました。
克服記にも書きましたが、子どもの頃の悲しかった自分の代わりに
今の自分がおもいきり泣いてあげる事で癒されたのかもしれないと思っています。

そんなことを通り過ぎ、絶対服従しながらも反発していた母親のことを
何であれ母親なりに精一杯生きてきたんだなと思えるようになり
「アダルトチルドレン」は卒業できたように思います。

辛かった事に向き合うのは本当に辛いですね。
でも、ちゃんと辛さに向き合いちゃんと感じつくしてあげて
自分から出てきた感情をちゃんと解放してあげたら・・
もしかしたら少し楽になるかもしれません。
でも、辛くてとても無理なら無理する必要はないのだと思います。
ヒマワリさんの気持ちを最優先で、気持ちのままに・・
 

こんにちは

 投稿者:ヒマワリ  投稿日:2008年 9月26日(金)13時25分40秒
  そらさんの温かい言葉等もあり、
心も身体もゆっくり休みつつ、私、大丈夫~なんて思って過ごしていたのですが・・・。
ここのところズドーンときてしまいこちらにきてしまいました。
私は、通院し薬も服用しつつ、カウンセリング(民間の)も受けてるんですね。
詳しいことはお話できませんんが幼いころから、両親の不仲など辛いことも多く、常に孤独感などを抱きつつ必死に自分を保ちながら過ごしていたように思います。
それでも、それが当り前で苦しいと思いながらも楽しいこともたくさんあったし、それが私の運命なんだ・・・と思っていました。
今回、パニック障害になった直接の原因は職場のストレスだったので、前述のようなことが関係してるとは思っていませんでした。
しかし、カウンセリングを進めていくうちにカウンセラーの方に「アダルトチルドレン」ですと言われたのです。
人それぞれだとは思いますが、ホッとするのかなぁと思ったら、私の場合はショックで反対に昔の辛い体験が浮かぶようになってしまい、毎日涙が止まらなくて・・・。

カウンセラーの方には「アダルトチルドレン」の治療?癒し方があるので
ラクになりますよとは、言っていただいたのですが
頭の中はグルグルで何だか悲しいんです。
最近は全然関係ない友達の言葉にも、過剰に反応して凹んだり悲しんだり。

わかってたのような、わかってなかったのか認めたくないだけなのか、自分の気持ちに
整理がつかずにいます。

それでも、少しずつでも受け入れていかなきゃいけないんでしょうねぇ。
この前、「自分をいっぱい愛してあげたい」なんて書いていた自分が、今、こうして弱音吐いてばかりいて情けないですね。

そらさんが、お忙しい中がんばっているのにこんな凹みメールすみません。

少しづつ癒していかないとな♪
 

なおさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年 9月19日(金)16時36分2秒
  なおさん、浮いたり沈んだりしながら、
きっといつかすっきり元気ななおさんになる日が来ますよ。

楽しい事がすぐに見つからなくても、マイペースが続かなくても大丈夫です。
わたしもそうでしたから。今でもそうかも・・
 

angelさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年 9月16日(火)20時42分30秒
  どうしましょう。
まずはありがとうございます!

来ていただきたいのはやまやまで、とても嬉しいです。
でも、なんだか恥ずかしいです。
・・・恥ずかしがっていたら仕事になりませんね!

自信を持ってお迎えできるよう益々励まなければ!
お会いできる日を楽しみにしております。
 

楽しみです

 投稿者:angel  投稿日:2008年 9月16日(火)13時08分53秒
  そらさんこんにちは
しばらくパソコンを開けない日が続きまして、久しぶりにこちらに来ましたら・・・凄いです。
何かを始めるのかなとは思っていましたが、お蕎麦屋さんなのですね
人事なのにこちらまで嬉しくなってしまいました。
なんだか ほのぼのとしたお店の様子が浮かんできます
主人と、是非おそばを食べに行きたいと思っていますので、いろいろ決まりましたら載せてくださいね。楽しみにしています。
 

なおさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年 9月15日(月)22時59分46秒
  こんにちは。
なんだか肩の力が抜けて良い感じのなおさんですね。
ほんと、いい感じいい感じ。

深呼吸もいいですよね。
わたしも気づくと呼吸が浅くなっていることがよくあります。
深ーい腹式呼吸が自然とできるようになればいいのでしょうね。
そして、自分では力を入れているつもりはないのに
無意識に体が緊張してしまうのですよね。
わたしも背中から頭までいつもこりこりでした。
寝ていても力が抜けなくて、眉間のしわがくっきりとできてしまいがっかりです。

なおさん、こんな風に肩の力を抜く事ができるようになったのは
長い間苦しんできたからなのでしょうね。
その調子で楽に歩んでいってくださいね。
良いご報告を楽しみにしています。
 

ヒマワリさんへ

 投稿者:そら  投稿日:2008年 9月 2日(火)14時15分35秒
  「自分をいっぱい愛してあげる」ってすばらしいですね!
わたしもまねして自分をいっぱい愛してあげようと思います。

ヒマワリさん、
今は心と体の奥底からじ~っくり休んだらいいと思いますよ。
では、また遊びに来て下さいね。
 

そらさんへ

 投稿者:ヒマワリ  投稿日:2008年 9月 2日(火)13時52分15秒
  温かいお言葉ありがとうございました。
本当に嬉しかったです。

だいぶ落ち着いてきてるものの、消えない不安感、恐怖感に泣きそうになる時もありますが、それも私なんだと受け入れ、自分をいっぱい愛してあげたいと思います。

まだ克服するまでには時間がかかるかもしれないし、そうでないかもしれないけど、「自分に苦しくない生き方」ですよね。

また、遊びにこさせていただきますね。
 

レンタル掲示板
/16